TryEngineering.org: Discover the creative engineer in you. Accreditation.org: The ultimate resource for engineering, computing and technology accreditation. TryNano.org: Nanotechnology for a wider audience.  
         TryEngineering.org > 技師の仕事 > 化学技師
Discover the creative engineer in you
Life of an Engineer
化学技師
土木技師
コンピューター技師
電気技師
材料技師
機械技師
原子力技師
工業技術団体
William Huang (化学技師)
工程/専門技師, Fluor Daniel Inc.

William Huang学歴
理学士 – テキサス大学オースティン校、化学工学

仕事の内容
工程/専門技師

生徒へのアドバイス
実際に働き始めると、学業とは別であることを学びます。学校ではプロジェクトを完成するために一晩中かけて、24時間寝ずに作業することができます。職場では1人だけでは働けないため、そのようなことはできません。


インタビュー

Q: 日常では誰と共同で作業しますか?
Huang: 主に同じグループの工程技師と働きます。各プロジェクトは技師を含む複数の作業グループにより構成されており、工程技師のグループはその1つです。プロジェクトの別の分野と接する部分では、私は他の分野の技師と共に働きます。共同作業する他の分野には、設備、配管、土木、構造、計装が含まれます。プロジェクトは段階方法で行っています。これは初期段階に始まり、次に概念設計作業を行います。該当のプロジェクトで多くの工程技師が携わることもあります。実際に購入する具体的な設備の種類を指定するための詳細な技術作業段階に至ると、実際に装置を購入するために設備技師がベンダーと共同で作業します。工程技師は主に他の分野の技師や顧客と意見を交換します。わが社では顧客との関係が大変強力です。

Q: Fluor Daniel 社でのあなたの職歴についてお話ください。工程技師として何をしていますか?
Huang: 私のFluor Daniel社での最初の仕事は夏期インターンでした。幸運なことに私は夏のインターンの仕事を大学1年目を終了した直後に見つけ、その後3年間にわたり夏期をこのヒューストンのオフィスで働きました。ですからインターンとして在学中に体験できたことは、Fluor Daniel社を卒業後に選ぶ上で大変有益でした。工程技師としての私の責任の1つはプロジェクトで顧客を支援するために他の技師とやりとりをすることです。

Q: 化学技師の仕事をどのように探したらよいでしょうか?
Huang: 採用活動が主な方法ですが、それだけではありません。例えば、私がインターンに申し込んだときは電話帳で探しました。私はアルファベット順で載っている全ての技術会社に電話し、「F」に達したときにFluor Daniel 社が電話面接の機会を与えてくれました。でも生徒は大学での採用や現場での採用が唯一の就職方法だと考え、機会を逃していると思います。機会を探す方法は他にもあると思います。新聞はその1つです。どの会社がどの業界で採用しているかについての情報や、市場についての感触を得ることができます。世界中に全技術分野と全産業にわたる連絡先情報を持つ職業団体に連絡することもできます。大学での採用による就職活動のみでは、可能性を狭めることになります。また、クラスメートや対象となっている他の大学の生徒と競争することにもなります。

Q: Fluor Daniel 社での管理職に興味を持っていますか?
Huang: 是非管理職の役割に携わりたいと思います。私にとって共同作業、組織活動、技術環境での業務は常に充実しています。仕事の多くは調査や情報収集など個人作業も多いですが、同時にこの業界では他の技師とのコミュニケーションをとって共同作業する必要があります。私が好きな仕事の1つにグループ作業とプロジェクトの遂行と達成があります。ですからいずれは管理職としてプロジェクトを率先したり、プロジェクトの一部に責任を持つ工程技師のリーダーとなりたいと考えています。

Q: どのような顧客と働いていますか?
Huang: 主にエネルギー、石油化学製品、石油製品会社が顧客です。わが社の顧客の多くが異なる地域に所在しています。例えばヒューストンは湾岸域にあるため多くの施設、製造工場、事業会社があり、それが理由でわが社の焦点はエネルギー、石油化学製品、石油製品会社に絞られています。わが社の他のオフィスでは、別の顧客を対象としています。例えば自動車産業、政府、エネルギー、防衛産業の顧客です。多数の顧客が地理的な市場により分割されており、その各該当地域でわが社がサービスを提供しているのです。

Q: 専門分野での自己教育をどのように続けていますか?
Huang: この会社では研修が大変重要です。わが社の技師には使えるリソースがたくさんあります。例えばCD-ROMでほぼすべての研修情報にアクセスできます。複数のコンピューター ベースの研修プログラムや、自習用に借りられる本やビデオがあります。それに加えて授業料の返還が行われているため、社会人学校や地域の大学でクラスを受けるとその授業料がFluor Daniel社により払い戻されます。教室での継続的研修という意味では、これは明らかに助けになります。さらに私は現在職業技師の免許を取るために勉強中です。私は卒業後、Engineer In Training (研修中技師) の試験に通りました。現在4年間の経験を経て、専門技術者の免許を申請することができます。

Q:大学時代と同じように時間管理をしていますか?
Huang: 実際に働き始めると、学業とは別であることを学びます。学校ではプロジェクトを完成するために一晩中かけて、24時間寝ずに作業することができます。職場では1人だけでは働けないため、そのようなことはできません。チームで働くため、チームの期待を裏切って最後の一晩に全てを行うことはできません。必ずチーム環境で働く必要があります。次の人が必要とする時までに自分の仕事を終わらせる必要があります。そのため自分の時間を調整し、作業と締め切り日を管理する必要があることを素早く学びます。自分の生活では仕事とプライベートのバランスが取れていると思います。必要に応じて長時間重労働することもありますが、仕事が終わると家に帰り自由な時間を友人や家族と過ごしています。




(TryEngineering での技師のプロファイルは
Sloan Career Cornerstone Centerにより提供されました。)


home about contact us links sitemap disclaimer